スポーツ

  • 印刷
今季の活躍を誓うデンソーテンの選手たち=神戸市兵庫区、同社体育館
拡大
今季の活躍を誓うデンソーテンの選手たち=神戸市兵庫区、同社体育館

 9人制バレーボール女子の強豪デンソーテン(神戸市兵庫区)が、三大大会すべてで準優勝に終わった昨季の雪辱を胸に猛練習を重ねている。ライバルは、2季連続でタイトルを総なめにしているパナソニック。まずは6月1日に開幕する「V9チャンプリーグ」で打倒を誓う。

 過去15度の日本一を誇るデンソーテンだが、近年のパナソニック戦では競った場面で受け身になるなど苦杯をなめさせられることが多い。その悔しさを忘れないよう、今季のスローガンは「攻めちぎる。」とした。5人が引退して若手主体となったチームを新主将として引っ張るのは、23歳の藤井。「若い選手の元気のよさが持ち味。最後まで勝負強く点を取っていきたい」と意欲を燃やす。

 昨季までアタッカーだった真鍋と、高校時代に全国制覇を経験した新加入のレシーバー森の2人がセッターに挑み、さまざまな戦略を模索。アタッカーは宮永や長谷川を中心に、174センチの藤井がクイックを仕掛けるなど多彩に攻める。6人制の関西大学リーグで最優秀選手賞に輝いた兵頭の加入も大きい。

 レシーバーは高橋を要とし、粘り強くボールを拾う。竹口監督は「はまったら強さを発揮する。意地でもパナソニックの優勝独占を止めたい」と選手に奮起を促す。

 5度目の開催となるV9チャンプリーグは、これまですべて2位。今年は7月27、28日に神戸市中央区の神戸市立中央体育館でも試合があり、副主将の真鍋は「守るものはない。どんな場面でもミスを恐れず攻めまくり、今度こそ優勝したい」と、全力プレーを誓っている。(金山成美)

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月13日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ