スポーツ

  • 印刷
INAC神戸-マイナビ仙台 後半30分、INAC神戸・仲田(中央)のシュートが決まり、2-0と突き放す(撮影・中西幸大)
INAC神戸-マイナビ仙台 後半30分、INAC神戸・仲田(中央)のシュートが決まり、2-0と突き放す(撮影・中西幸大)

 サッカー女子のプレナスなでしこリーグカップ第4節最終日は2日、神戸市兵庫区のノエビアスタジアム神戸などで2試合が行われ、B組のINAC神戸はマイナビ仙台を2-0で下し、無傷の4連勝で首位を守った。

 INAC神戸は、京川、仲田、伊藤が前線で躍動した。常盤木学園高(宮城)出身で気心が知れており、先輩後輩の垣根なく下の名前で呼び合う仲。ボランチ伊藤が「言葉に出さなくても通じ合える」と言う通り、後半30分には3人が絡んで2点目が生まれた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月16日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ