スポーツ

  • 印刷
ミオドラグ・ライコビッチ・ヘッドコーチ
拡大
ミオドラグ・ライコビッチ・ヘッドコーチ

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の西宮は5日、ミオドラグ・ライコビッチ・ヘッドコーチ(HC)が今季限りで退団すると発表した。新HCは未定。

 同HCはセルビア出身の48歳。19歳以下同国代表アシスタントコーチ(AC)やBリーグ1部(B1)富山HCなどを経て、今季西宮を指揮した。組織的な守備を徹底したが、序盤に外国籍選手の獲得が遅れて連敗したのが響き、最終成績は34勝26敗で中地区3位。B1復帰が懸かったプレーオフ進出を逃した。

 ライコビッチHCは「皆さんの応援が自分たちの限界を超えるためのモチベーションとなった。自分と家族にとって西宮はホームと感じた」などとコメントした。

 同HCと同じセルビア出身のドゥサン・ストイコフAC(32)も退団する。(藤村有希子)

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 24℃
  • ---℃
  • 80%

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ