スポーツ

  • 印刷
NTT西日本-日本製鉄広畑 完封で本大会出場を決め、一塁手の西川(中央)、捕手の福井圭(右)と抱き合う日本製鉄広畑の川瀬(左)
NTT西日本-日本製鉄広畑 完封で本大会出場を決め、一塁手の西川(中央)、捕手の福井圭(右)と抱き合う日本製鉄広畑の川瀬(左)

 社会人野球の都市対抗大会近畿地区2次予選第10日は5日、大阪市の大阪シティ信用金庫スタジアムで第2代表決定戦があり、兵庫の日本製鉄広畑が3-0でNTT西日本(大阪)を破り、2011年以来8年ぶり32度目の本大会(7月13日開幕・東京ドーム)出場を決めた。

 苦しみから解き放たれた日本製鉄広畑ナインが、完封勝利を挙げたマウンドの川瀬に次々と駆け寄った。その表情は笑顔、そして涙。優勝2回の名門が、8年ぶりに本大会切符を奪回した瞬間だった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月17日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ