スポーツ

  • 印刷
東京五輪チケットの公式販売サイト。一時、110万人を超えるアクセスが集中し、待ち時間は「1時間以上」と表示された
拡大
東京五輪チケットの公式販売サイト。一時、110万人を超えるアクセスが集中し、待ち時間は「1時間以上」と表示された

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、五輪チケット申し込みの抽選結果を発表した。詳細は公式販売サイトの「マイチケット」のページで確認でき、当選した場合は7月2日午後11時59分までに購入手続きを済ませる必要がある。組織委はアクセス殺到を避けるため結果発表の時間を事前に公表しなかったが、午前2時ごろにサイトに表示させた。通勤時間帯に入る午前7時ごろからアクセスが急増し、100万人以上待ちと表示される状態となった。

 5月の申し込み受け付け開始、終了時もアクセスが集中し、長い待ち時間が発生した。組織委は混雑を避けて結果を確認するよう呼び掛けている。購入手続き期限の7月2日もサイトを訪れる人が増える可能性があり「前日までに手続きを済ませてほしい」としている。申し込みに必要なID登録の件数は約754万件に上っている。

 購入手続きは、当選した全てのチケットについて行う必要があり、一部のみを購入することはできない。手続きを完了しなかった場合、当選は無効になる。購入後のキャンセルはできない。競技会場の整備が完了していないため、指定席の座席番号など、詳細は来春以降に決まる。

 今後も段階的にチケット販売は続き、今年の秋からは先着順の販売が始まる。大会が迫る来年の春以降には、先着順販売に加え、東京都内に設けられる販売所でも購入できるようになる予定。

     ◇

 兵庫県内では、公式販売サイトで当選を確認した人たちから喜びの声が相次いだ。

 7人制ラグビーと野球のチケットに応募した会社員男性(46)=神戸市中央区=は、1時間ほど待ってサイトにアクセスし、ようやくラグビーの当選を確認した。「世界レベルの技術やスピーディーな展開を見たい」と期待する。自身も学生時代にラグビーに打ち込み、中学生の長男もラグビー部に所属。「有名な選手も参加するだろうし、息子と一緒に行くのが楽しみ」と声を弾ませた。

 芦屋市の自営業の女性(48)は、横浜市で開かれるサッカー男子1次ラウンドの試合が当選。対戦カードは決まっていないが、自身、サッカーをしていた長男と同い年の堂安律選手(21)=尼崎市出身=のファンで、「日本の試合に当たればいいが、ブラジルやヨーロッパなど強い国の試合も見てみたい」と夢を膨らませる。(田中宏樹、霍見真一郎)

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月16日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ