スポーツ

  • 印刷
男子準決勝・洛南-報徳 第2クオーター、シュートを放つ報徳の岡村(13)
拡大
男子準決勝・洛南-報徳 第2クオーター、シュートを放つ報徳の岡村(13)
男子準決勝・洛南-報徳 第2クオーター、シュートを決める報徳の丸山
拡大
男子準決勝・洛南-報徳 第2クオーター、シュートを決める報徳の丸山
男子準決勝・洛南-報徳 第3クオーター、リバウンドで競り合う報徳の本多(右)
拡大
男子準決勝・洛南-報徳 第3クオーター、リバウンドで競り合う報徳の本多(右)
男子準決勝・洛南-報徳 第3クオーター、競り合いながらシュートする報徳のコンゴロー(右)
拡大
男子準決勝・洛南-報徳 第3クオーター、競り合いながらシュートする報徳のコンゴロー(右)
男子準決勝・洛南-報徳 第3クオーター、ボールマンをマークする報徳の松岡(中央)
拡大
男子準決勝・洛南-報徳 第3クオーター、ボールマンをマークする報徳の松岡(中央)

 バスケットボールの近畿高校大会最終日は23日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で男女の準決勝と決勝があり、兵庫勢で唯一、4強入りした男子の報徳は準決勝で洛南(京都)に73-92で敗れた。

 男子は東山(京都)が2年ぶり4度目、女子は大阪薫英女学院が11年連続33度目の頂点に立った。今大会から男女の優勝府県に、12月の全国高校選手権の出場1枠が新たに与えられる。

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 10%

  • 9℃
  • 6℃
  • 50%

  • 13℃
  • 8℃
  • 20%

  • 12℃
  • 7℃
  • 20%

お知らせ