スポーツ

  • 印刷
女子決勝 スパイクを放つ常盤の森本祐菜(右)と小南楓香のペア
女子決勝 スパイクを放つ常盤の森本祐菜(右)と小南楓香のペア

 ビーチバレーの兵庫県高校選手権(神戸新聞社後援)最終日は23日、南あわじ市の慶野松原ビーチであり、女子決勝は常盤の小南楓香、森本祐菜組が21-15で龍野北の畠薫、島津楓組を下して頂点に立った。

 女王の座に就いた常盤の小南、森本組は、落ち着いた巧みな試合運びで5試合を勝ち抜いた。決勝も21-15で勝利し、2人は「全国大会が目標だったのでうれしい」と声をそろえた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ