スポーツ

  • 印刷
豊田自動織機から今季加入し、古巣との対戦に意気込む神戸製鋼のプロップ平原=神戸市東灘区、神鋼灘浜グラウンド
拡大
豊田自動織機から今季加入し、古巣との対戦に意気込む神戸製鋼のプロップ平原=神戸市東灘区、神鋼灘浜グラウンド

 ラグビーのトップリーグ(TL)カップ第2節第2日の29日、神戸製鋼は徳島県の鳴門ポカリスエットスタジアムで豊田自動織機と対戦する。第1節の近鉄戦に続いて下部のトップチャレンジリーグ(TCL)チームが相手だけに、昨季TL王者の力を見せつけたい。

 今季豊田自動織機から加入したプロップ平原(ひらばら)が、古巣対決に燃えている。27日は大雨でずぶぬれになりながら練習で汗を流し、「出て間もないけど、楽しみ」と笑顔を見せる。

 宮崎県出身の32歳。高鍋高や帝京大時代は全国優勝できず、コカ・コーラ時代の8年間、豊田自動織機での2年間もTLの残留争いが定位置だった。「日本一になりたい」と名門に飛び込み、「細かなこだわりや、選手同士が要求し合うところが『濃い』」と、強さを肌で感じる日々だ。

 初先発した近鉄戦ではスクラムにやや安定感を欠いたが、「この1週間でなじんできた。次はいいスクラムが組めるはず」とセットプレーの修正に自信を示した。(山本哲志)

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 26℃
  • 16℃
  • 20%

  • 26℃
  • 18℃
  • 40%

  • 26℃
  • 17℃
  • 30%

お知らせ