スポーツ

  • 印刷
Bリーグ2部で今季序盤の連敗が響き、1部復帰を逃した西宮。道原(13)やウォルドー(00)の粘りも届かなかった=2019年4月、西宮市立中央体育館(撮影・秋山亮太)
Bリーグ2部で今季序盤の連敗が響き、1部復帰を逃した西宮。道原(13)やウォルドー(00)の粘りも届かなかった=2019年4月、西宮市立中央体育館(撮影・秋山亮太)

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の西宮ストークスが、リーグ3季目となる2018~19年のシーズンを終えた。1部(B1)から1季で降格し、新指揮官を迎えて挑んだシーズン。だが、外国籍選手獲得の遅れなどで序盤に連敗したのが尾を引き、34勝26敗で中地区3位に終わってB1復帰の懸かるプレーオフ(PO)進出を逃した。一方で財務は好転し、3期連続赤字は免れる見通しだ。(藤村有希子)

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 29℃
  • 24℃
  • 30%

  • 32℃
  • 22℃
  • 20%

  • 30℃
  • 24℃
  • 50%

  • 31℃
  • 22℃
  • 40%

お知らせ