スポーツ

  • 印刷

 陸上の世界選手権(9~10月・ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権第3日は29日、福岡市の博多の森陸上競技場で行われ、男子200メートル予選で、100メートルとの2冠を狙うサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)は20秒84で3組1着となり30日の決勝に進んだ。小池祐貴(住友電工)は20秒62の1組1着、桐生祥秀(日本生命)は2組2着で通過。飯塚翔太(ミズノ)は途中棄権した。

 男子400メートル障害は安部孝駿(ヤマダ電機)が2020年東京五輪の参加標準記録を破る48秒80で2年ぶりに制した。兵庫県宝塚市立南ひばりガ丘中出身の豊田将樹(法大)は49秒05で2位だった。女子100メートル障害は木村文子(エディオン)が13秒14で6度目の優勝。安部と木村は世界選手権代表に決まった。

 男子の棒高跳びは江島雅紀(日大)が5メートル61で初めて制し、沢野大地(富士通)が2位。3000メートル障害は阪口竜平(東海大)が8分29秒85で初優勝し、昨年優勝の塩尻和也(富士通)は8位だった。

 女子3000メートル障害は吉村玲美(大東大)がU20(20歳未満)日本新記録となる9分50秒44で初優勝し、市尼崎高出身の藪田裕衣(大塚製薬)は9分59秒70で3位に入った。男子ハンマー投げの中川達斗(九州共立大、姫路工高出)は65メートル45で2位だった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月23日)

  • 30℃
  • 26℃
  • 70%

  • 32℃
  • 26℃
  • 50%

  • 30℃
  • 26℃
  • 80%

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

お知らせ