スポーツ

  • 印刷

 陸上の世界選手権(9~10月・ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権最終日は30日、福岡市の博多の森陸上競技場で行われ、男子200メートル決勝はサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が1・3メートルの向かい風の中、20秒35で優勝した。2年ぶりに100メートルとの2冠を達成し、世界選手権代表に決まった。小池祐貴(住友電工)が20秒48で2位、桐生祥秀(日本生命)は3位だった。

 男子の110メートル障害は高山峻野(ゼンリン)が日本記録に並ぶ13秒36で2年ぶり3度目の優勝を飾って代表入り。同タイムで泉谷駿介(順大)が2位となった。走り幅跳びは橋岡優輝(日大)が7メートル98で3連覇し、代表に決まった。砲丸投げは武田歴次(桜門陸友会)が17メートル58で制し、森下大地(第一学院高教、滝川高-筑波大出)は17メートル51で2位だった。

 女子の5000メートルは木村友香(資生堂)が15分22秒53で初制覇し、代表に決定。3連覇を狙った鍋島莉奈(日本郵政グループ)は2位、田中希実(豊田自動織機TC、西脇工高出)は4位だった。800メートルは卜部蘭(ナイキTOKYOTC)が2分2秒74で初優勝し、1500メートルとの2冠に輝いた。200メートルは児玉芽生(福岡大)が23秒80で初めて制した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ