スポーツ

  • 印刷
息の合った演技を披露するアーティスティックスイミングの日本代表=国立スポーツ科学センター(撮影・中西幸大)
拡大
息の合った演技を披露するアーティスティックスイミングの日本代表=国立スポーツ科学センター(撮影・中西幸大)

 水泳の世界選手権(12日開幕・光州=韓国)に臨むアーティスティックスイミング(AS)日本代表が3日、東京都北区の国立スポーツ科学センター(JISS)で練習を公開し、井村雅代ヘッドコーチは「チームで一つでもいいから、メダルを取りたい。力不足で簡単ではないが、それが来年(の東京五輪)につながる」と述べた。

 東京五輪の前哨戦として重要な大会。ソロとデュエットでも表彰台を目指すエースの乾友紀子(井村ク、芦屋大職)らが、水中から脚を突き出す勢いや、高さなどを中心に振り付けの細部を入念に確認した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月18日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ