スポーツ

  • 印刷
神戸製鋼-サントリー 前半、神戸製鋼の橋本大がトライを決め、12-3とリードを広げる(撮影・斎藤雅志)
神戸製鋼-サントリー 前半、神戸製鋼の橋本大がトライを決め、12-3とリードを広げる(撮影・斎藤雅志)

 ラグビーのトップリーグ・カップ(TL杯)は4日、大阪市のヤンマーフィールド長居などで準決勝2試合が行われ、神戸製鋼はサントリーに32-26(前半24-11)で競り勝ち、決勝進出を決めた。

 酷暑の中、神戸製鋼は前半の4トライで優位に進め、サントリーの猛追を振り切った。昨季の日本選手権決勝の再戦を制し、ディロン・ヘッドコーチは「選手たちを誇りに思う。試合終盤までアタックし続けてきた相手に、しっかり勝てた」と賛辞を惜しまなかった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ