スポーツ

  • 印刷
気迫の投球で全国大会出場に導いた村野工のエース長沢=1日、三田市アメニスキッピースタジアム
拡大
気迫の投球で全国大会出場に導いた村野工のエース長沢=1日、三田市アメニスキッピースタジアム

 第64回全国高校軟式野球選手権大会は24日、明石トーカロ、姫路市ウインクの両球場で開幕する。7年ぶり6度目の晴れ舞台に挑む兵庫代表の村野工は投打にバランスが取れ、機動力も生かした攻めで一戦必勝を期す。(尾藤央一)

 エース右腕長沢が大黒柱だ。兵庫大会全4試合34回を投げ、防御率0・26。準決勝まで3試合を完封した。130キロ台の直球に加え、スライダーやカーブで打たせて取る。「成功体験が自信になった」と6月に大会2連覇中の強豪・中京学院大中京(東海・岐阜)との練習試合で好投し、夏に背番号1に返り咲いた。

 打線のキーマンは1番田中。投手も兼任する2年生は「思い切りの良い選手。打線をけん引している」と佐藤監督の信頼も厚い。兵庫大会では、前年代表の篠山鳳鳴を1点差で破った2回戦で二塁打を放ち、決勝の報徳戦では優勝を引き寄せる勝ち越し犠飛を放った。

 積極的な走塁でも揺さぶりを掛ける。兵庫大会決勝では6盗塁。2度の二盗、三盗を決め、無安打で2点を奪った。捕手の古沢主将は「常に攻める気持ちで勝ちにいく」と意気込む。

 村野工は大会第2日の25日、明石トーカロで行われる1回戦第1試合(午前10時開始予定)で仙台商(南東北・宮城)と対戦する。

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 70%

  • 27℃
  • 19℃
  • 70%

  • 30℃
  • 23℃
  • 50%

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

お知らせ