スポーツ

  • 印刷
阿部一二三選手(左)と妹の詩選手
拡大
阿部一二三選手(左)と妹の詩選手

 25日に開幕する柔道の世界選手権(日本武道館)男女日本代表が24日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターでの最終調整を報道陣に公開し、男子60キロ級で先陣を切る高藤直寿(パーク24)は「絶好調。やるべきことは全てやった」と笑みを浮かべた。

 3年連続4度目の優勝を狙う高藤は組み手を入念に確認。「トップバッターとしていい試合をする。自分が勝てば後ろに続いていく」と宣言した。同階級で昨年3位の永山竜樹(了徳寺大職)は「一戦一戦に集中し、一本を取る柔道で優勝したい」と意気込んだ。

 25日の女子48キロ級、渡名喜風南(パーク24)は「昨年は決勝で負けている。本当に優勝しか考えていない」と2年ぶりの制覇へ気合十分。昨年に続く「きょうだい金メダル」を期待される男子66キロ級で兄の阿部一二三(日体大、神港学園高出)は「3連覇するだけ」、女子52キロ級で妹の詩(日体大、夙川高出)は「お兄ちゃんと一緒に優勝したい」と26日の出番に備えた。

 最終調整は男子60~81キロ級、女子48、52キロ級の代表が参加した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 70%

  • 27℃
  • 19℃
  • 70%

  • 30℃
  • 23℃
  • 50%

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

お知らせ