スポーツ

  • 印刷

 東京五輪マラソン代表の座を争う15日の「グランドチャンピオンシップ」(MGC)に出場する男女計40選手が13日、東京都内で記者会見し、男子の日本記録を持つ大迫傑(ナイキ)は「しっかり強さを見せられれば」、前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)は「順位も記録も両方求めていきたい」と大一番へ抱負を語った。

 明治神宮外苑発着の五輪本番とほぼ同じコースで、男女各2位までが代表に決まる。アクセサリーやマニキュアを金色で統一した女子の松田瑞生(ダイハツ)は「競るよりも突き放すレースがしたい」と気合十分。2度目のマラソンとなる鈴木亜由子(日本郵政グループ)は対照的に「淡々とやるべきことをやってきた。あとはそれを出すだけ」と冷静に語った。

 男子の一色恭志(GMO)、女子の前田彩里(ダイハツ)関根花観(日本郵政グループ)が故障の影響で欠場。男子は30人、女子は10人による争いとなった。3位の選手も、来春までの国内レースの結果次第で五輪出場の可能性がある。

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ