スポーツ

  • 印刷
一斉にスタートする堀尾謙介(中央)ら男子の選手たち(撮影・吉田敦史)
一斉にスタートする堀尾謙介(中央)ら男子の選手たち(撮影・吉田敦史)

 東京五輪の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)は15日、東京・明治神宮外苑を発着点に五輪本番とほぼ同じコースで初めて行われ、30人が出場した男子は中村匠吾(富士通)が2時間11分28秒で制し、8秒差の2位に入った服部勇馬(トヨタ自動車)とともに初の五輪代表に決まった。堀尾謙介(トヨタ自動車、須磨学園高出身)は15位だった。

 男子の堀尾は力ない足取りで15位のフィニッシュ。前半のうちに上位争いから脱落しただけに「一瞬で終わっちゃった」と悔しさをにじませた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月14日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 23℃
  • 90%

  • 27℃
  • 22℃
  • 80%

  • 27℃
  • 21℃
  • 90%

お知らせ