スポーツ

  • 印刷
女子10人による争いを制し、フィニッシュ地点に向かって最後の力を振り絞る天満屋の前田穂南
拡大
女子10人による争いを制し、フィニッシュ地点に向かって最後の力を振り絞る天満屋の前田穂南

 前田穂南(天満屋、尼崎市立園田東中出身)が2020年東京五輪女子マラソン代表の座を射止めた。兵庫から五輪マラソン代表が誕生するのは12年ロンドン五輪40位の山本亮(当時佐川急便、長田高出身)以来、2大会ぶり。

 女子では1992年バルセロナ五輪29位の小鴨由水(ダイハツ、明石南高出身)から数えて5人目。前田が所属する天満屋と兵庫との相性は抜群で、2000年シドニー五輪7位の山口衛里(西脇工高出身)、04年アテネ五輪7位の坂本直子(県西宮高出身)、08年北京五輪13位の中村友梨香(県西宮高出身)と3大会連続で兵庫出身ランナーを大舞台へと送り出してきた。

 山口から山本まで4大会連続で五輪マラソン代表を輩出してきた兵庫だが、前回のリオデジャネイロ五輪で連続出場が途切れていた。今回のMGCでは五輪代表に決まらなかったものの、ともに須磨学園高出身で女子5位の野上恵子(十八銀行)と男子15位の堀尾謙介(トヨタ自動車)にも、まだチャンスは残されている。(大原篤也)

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ