スポーツ

  • 印刷
成年男子板飛び込み決勝 この日最高の82・50点をマークした寺内健の3本目の演技=山新スイミングアリーナ
成年男子板飛び込み決勝 この日最高の82・50点をマークした寺内健の3本目の演技=山新スイミングアリーナ

 第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」は15日、ひたちなか市の山新スイミングアリーナなどで会期前競技が行われ、飛び込みは、2020年東京五輪代表に内定した兵庫の寺内健(ミキハウス、兵庫県宝塚市出身)が成年男子板飛び込みで455・80点をマークして優勝した。

 成年男子板飛び込みを制した寺内の心中を、兵庫監督の馬淵かの子・JSS宝塚コーチは察した。「やっぱりプライドがあるもん」。1週間前のアジア・カップで、個人種目でも東京五輪切符をつかんだ39歳。疲労の中でも頂点を譲らなかった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月7日)

  • 28℃
  • 20℃
  • 10%

  • 24℃
  • 16℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 0%

  • 28℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ