スポーツ

時計2019/10/5 20:40神戸新聞NEXT

  • 印刷
陸上成年男子やり投げ決勝 6回目の試技で73メートル54を記録する兵庫のディーン元気=笠松運動公園陸上競技場(撮影・吉田敦史)
拡大
陸上成年男子やり投げ決勝 6回目の試技で73メートル54を記録する兵庫のディーン元気=笠松運動公園陸上競技場(撮影・吉田敦史)
陸上少年男子A棒高跳び決勝 2位に入り、表彰台でポーズを取る兵庫の源田駿祐(中央)ら=笠松運動公園陸上競技場(撮影・吉田敦史)
拡大
陸上少年男子A棒高跳び決勝 2位に入り、表彰台でポーズを取る兵庫の源田駿祐(中央)ら=笠松運動公園陸上競技場(撮影・吉田敦史)

 国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」第8日は5日、茨城県笠松運動公園陸上競技場などで行われ、兵庫勢は陸上で入賞が相次ぎ、少年男子A棒高跳びは源田駿祐(明石商高)が5メートル05で2位に入った。400メートル障害は成年女子の梅原紗月(住友電工)が58秒04で3位、少年女子共通の中野菜乃(姫路商高)が59秒71で6位。成年男子はやり投げのディーン元気(ミズノ)が73メートル54で6位、1万メートル競歩の住所大翔(順大)が42分24秒69で8位に食い込んだ。

 重量挙げ少年男子89キロ級で兵庫の川上直哉(県尼崎工高)はジャーク、スナッチともに3位。アーチェリー少年の兵庫は女子6位、男子7位でともに入賞を果たした。バスケットボールの兵庫は成年男子(選抜)が準々決勝、少年男子(選抜)が2回戦でそれぞれ敗退。ボクシング少年男子でライト級の山村剣晋(芦屋学園高)、ライトウエルター級の由良謙神(芦屋学園高)がともに4強入りした。

 スポーツクライミングの成年女子ボルダリング決勝は世界選手権代表の倉菜々子(名古屋芸大)らの愛知が東京五輪代表の野口啓代(茨城県競技力向上対策本部)らの茨城を破って優勝。バレーボールは少年男子で京都、同女子で東京がそれぞれ2連覇を達成。成年男子は静岡、同女子は滋賀が制した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月16日)

  • 18℃
  • 10℃
  • 20%

  • 20℃
  • 5℃
  • 40%

  • 19℃
  • 8℃
  • 10%

  • 19℃
  • 6℃
  • 20%

お知らせ