スポーツ

  • 印刷
龍谷大-神戸大 先制タッチダウンを挙げ、試合後に笑顔を見せる神戸大のRB森分(左)
拡大
龍谷大-神戸大 先制タッチダウンを挙げ、試合後に笑顔を見せる神戸大のRB森分(左)

 アメリカンフットボールの関西学生リーグは13日、神戸市灘区の王子スタジアムで2試合が行われ、神戸大は龍谷大を23-7で下し、3勝目を挙げた。関学大は44-7で近大に完勝し、開幕から5連勝とした。

 神戸大は第1クオーター(Q)にRB森分が先制タッチダウン(TD)。第2QもRB西田祐がTDランで加点し、リードを守り切った。

 関学大は第1QにWR阿部の2本のTDなどで先行し、後半もDB吉野のインターセプトリターンTDなど今季最多となる6本のTDを奪った。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月14日)

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 60%

  • 17℃
  • ---℃
  • 30%

  • 16℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ