スポーツ

  • 印刷

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が17日午後5時から東京都内のホテルで開かれる。アマチュア球界一の豪腕として注目される岩手・大船渡高の佐々木朗希投手は日本ハム、ロッテ、西武が1位指名を明言しているほか、ソフトバンクなどの指名も予想され、多数の球団による抽選となることが確実だ。

 今夏の甲子園大会で準優勝した石川・星稜高の奥川恭伸投手はヤクルトが1位指名を公表しており、巨人などと競合になる可能性がある。明大の森下暢仁投手も即戦力の呼び声が高く、広島が1位指名を明言。中日は今春の選抜大会を制した愛知・東邦高の石川昂弥内野手を指名する方針を明らかにした。

 1位指名は入札抽選制で、競合した場合はくじ引きを行い、全球団が確定するまで繰り返す。2位は今年のレギュラーシーズン下位球団からの指名となり、今年の優先権を持つセ・リーグの6位ヤクルト、パ・リーグの6位オリックスの順となる。3位指名は逆の順番で、その後は交互に繰り返して続ける。

 兵庫県関係では報徳高出身の佐藤直樹外野手(JR西日本)や神戸国際大付高出身の小深田大翔内野手(大阪ガス)、プロ野球志望届を提出した津名高出身の村西良太投手(近大)、明石商高の水上桂捕手らが有力視されている。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月12日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ