スポーツ

  • 印刷
ソフトバンクから1位指名を受け、タオルを掲げるJR西日本の佐藤直樹外野手=17日、広島市
拡大
ソフトバンクから1位指名を受け、タオルを掲げるJR西日本の佐藤直樹外野手=17日、広島市

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)は17日、東京都内のホテルで行われ、報徳高出身の佐藤直樹外野手(JR西日本)はソフトバンクから1位指名を受けた。

 昨年の甲斐野央(東洋大姫路高-東洋大出)に続き、兵庫の名門で育った逸材がソフトバンクから1位指名された。報徳高出身の佐藤(JR西日本)は「予想外で驚いた」と目を潤ませながら、「打撃を伸ばして、カープ(広島)の鈴木誠也選手のような、走攻守三拍子そろった選手になりたい」と抱負を語った。

 50メートル5秒8、遠投120メートルと抜群の身体能力を誇る右打ちの外野手。報徳高では甲子園の土は踏めなかったものの、当時監督だった永田裕治・高校日本代表監督は「足と肩は一級品だった」と評する。3年夏の兵庫大会では須磨翔風高の才木浩人(現阪神)から本塁打を放った。

 周囲から「おまえは社会人野球で伸びる」と背中を押され、試合を重ねる中でプロを意識するようになったという。JR広島駅の係員として勤務中に、しばしば目にする広島の選手の姿も励みになった。打撃不振に苦しんだ時期もあったが「多くの人の支えがあり、ここまで頑張れた」と感謝の言葉を繰り返した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月12日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ