スポーツ

  • 印刷
JR九州-三菱重工神戸・高砂 延長10回表JR九州1死二、三塁、スクイズで池田が生還、三菱重工神戸・高砂が勝ち越しを許す(捕手・森山)
JR九州-三菱重工神戸・高砂 延長10回表JR九州1死二、三塁、スクイズで池田が生還、三菱重工神戸・高砂が勝ち越しを許す(捕手・森山)

 社会人野球の日本選手権第2日は26日、京セラドーム大阪で1回戦が行われ、3年連続24度目出場の三菱重工神戸・高砂(兵庫)は延長十回の末に2-5でJR九州(福岡)に敗れ、2年連続で初戦敗退した。

 好投を続けてきた左腕の尾松が延長十回に力尽きた。1死から連打を許し、二、三塁からスクイズ(記録は犠打野選)と一塁手の本塁悪送球で2失点。さらに次打者に初球を捉えられ、痛恨の追加点を献上した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 22℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 21℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ