スポーツ

  • 印刷
2018年の第73回兵庫県高校駅伝競走大会で一斉にスタートする男子の選手たち=丹波篠山市内
拡大
2018年の第73回兵庫県高校駅伝競走大会で一斉にスタートする男子の選手たち=丹波篠山市内

 男子第74回、女子第36回兵庫県高校駅伝(神戸新聞社後援)は10日、丹波篠山市の大正ロマン館をスタート、篠山鳳鳴高でフィニッシュするコースで行われる。

 男子7区間42.195キロに40校、女子5区間21.0975キロに30校が出場。男子は午前10時10分、女子は同10時20分に出発する。男女の優勝校は全国高校駅伝(12月22日・たけびしスタジアム京都発着)に出場し、淡路地区を含む男女各10校は近畿高校駅伝(11月24日・南あわじ市おのころ島神社前-三原中)への切符を得る。

 男子は前回3位までを占めた西脇工、報徳、須磨学園の力が拮抗(きっこう)。女子は昨年女王の須磨学園が2連覇を狙う。近畿大会出場枠が増えたことで、男女ともに例年以上の白熱したレースが期待される。(金山成美)

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月13日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ