スポーツ

  • 印刷
2年連続の優勝を決め、歓喜の表情を浮かべる女子・須磨学園のアンカー樽本つかさ=10日午前、丹波篠山市、篠山鳳鳴高(撮影・辰巳直之)
拡大
2年連続の優勝を決め、歓喜の表情を浮かべる女子・須磨学園のアンカー樽本つかさ=10日午前、丹波篠山市、篠山鳳鳴高(撮影・辰巳直之)

 兵庫県高校駅伝(神戸新聞社後援)は10日、丹波篠山市内で行われ、5区間21・0975キロで争った女子は須磨学園が1時間9分16秒で2年連続22度目の優勝を飾った。

 5区間21・0975キロに30校が出走した女子は、須磨学園が1区の土井葉月から飛び出して独走。全員が区間賞に輝く圧巻のレース運びで2位西脇工に3分32秒もの大差をつけた。3位には姫路商が入った。

 須磨学園は12月22日に京都市内で開かれる全国高校駅伝に出場する。

■女子成績はこちら

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月7日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 11℃
  • 1℃
  • 30%

  • 10℃
  • 5℃
  • 30%

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ