スポーツ

  • 印刷

 兵庫県高校駅伝(神戸新聞社後援)は10日、同県丹波篠山市内で行われ、男子は西脇工が2時間6分46秒で2年連続26度目の栄冠に輝いた。

 須磨学園は1区永吉がレース途中で低血糖症になるアクシデントがあり、予想外の7位発進となったが、後続が追い上げて3位。岸本主将は「気持ちを切らさず、諦めない心を出す駅伝ができた」と振り返った。

スポーツの最新
もっと見る