スポーツ

  • 印刷

 第32回都道府県対抗全日本マスターズ駅伝は17日、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園で30歳以上が対象の男子と女子、55歳以上の男女が対象のエルダーが行われる。前回大会で女子が4連覇を飾り、男子とエルダーで2位に入った兵庫は充実の戦力で3部門制覇を狙う。

 5連覇を狙う女子(5区間15キロ)は9月にトラック3000メートルで10分19秒83をマークした田中美香、姫路城マラソン優勝の横田歩ら精鋭ぞろい。男子(6区間30キロ)は前回1区区間賞の竹村真一のほか、西山和範、山端良尚ら経験者が多く、総合力で昨年の覇者・愛知に挑む。

 前回23秒差で鳥取に敗れたエルダー(5区間15キロ)は3連覇を逃した雪辱に燃える。序盤から好位置につけ、ベテランのアンカー長谷川和正で逆転する必勝パターンを描く。日程が重なった神戸マラソンに流れる有力選手もあったが、男子とエルダーを指揮する報徳高出身の北垣章監督は「良いオーダーが組めたので3部門で優勝を目指す」と張り切っている。

(大原篤也)

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 14℃
  • 5℃
  • 10%

  • 14℃
  • 0℃
  • 0%

  • 15℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ