スポーツ

  • 印刷

 関西実業団対抗駅伝は17日、和歌山県田辺市の龍神行政局前をスタート、龍神体育館前をフィニッシュする7区間80・45キロで行われ、SGホールディングスグループが3時間57分43秒で2年ぶりに優勝を果たした。初優勝を狙った兵庫の住友電工はアンカー勝負で競り負け13秒差の2位。3位大阪ガス、4位NTT西日本までが全日本実業団対抗駅伝(来年1月1日・群馬県)への出場権を得た。兵庫の山陽特殊製鋼は7位、兵庫県警は9位だった。

 住友電工は1区村本一樹(兵庫県立大出)がトップと1秒差の2位で発進。5区高田康暉、6区熊谷拓馬が連続区間賞を奪って先頭に立ったが、最後に力尽きた。SGホールディングスグループは4区の柿原聖哉(宝塚市立南ひばりガ丘中出身)が区間賞に輝くなど全員が区間3位以内と安定していた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月9日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ