スポーツ

  • 印刷

 第32回都道府県対抗全日本マスターズ駅伝は愛知県長久手市の愛・地球博記念公園で30歳以上が対象の男子と女子、55歳以上の男女が対象のエルダーが行われ、兵庫の男子が4年ぶりの優勝を飾った。女子とエルダーはともに4位に入り、3部門の総合で5連覇を果たした。

 男子の兵庫は1区の西山和範が2位に27秒差をつけてトップ中継。2区以降も安定したたすきリレーで1時間36分27秒をマークし、2位愛知に1分31秒の大差をつけた。

 女子は愛知が優勝。兵庫は3区田中美香が区間賞の快走を見せて一時は2位に浮上し、アンカー横田歩も区間賞に輝くなど粘り強いレースを展開した。エルダーの兵庫は1区姉川和子が2位発進するなど好位置をキープし、優勝した静岡と51秒差でフィニッシュした。

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月9日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ