スポーツ

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 サッカーの関西高校女子選手権最終日は17日、兵庫県三木市の三木総合防災公園で2試合があり、決勝は兵庫の日ノ本が2-1で大商学園(大阪)を破り、2年ぶりに王座を奪還した。3位決定戦は、大阪学芸が京都精華を4-0で下した。

 日ノ本は1点を追う後半16分、増永が同点ゴール。同31分に途中出場の嶋田が決勝点を決め、逆転勝ちした。

 今大会の上位4校は、来年1月3日に兵庫県内で開幕する全日本高校女子選手権に関西地区代表として出場。兵庫2位の神戸弘陵は開催地枠で同選手権に出場する。

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月9日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ