スポーツ

  • 印刷
10日、丹波篠山市の篠山鳳鳴高
10日、丹波篠山市の篠山鳳鳴高

 選手たちの腕に、何か文字が見える。目を凝らすと「大山マジック」。10日に兵庫・丹波篠山市で行われた兵庫県高校駅伝を制した男子の西脇工だ。

 どうやら、同校を含む全国の強豪校が毎夏、合同で臨む鳥取・大山(だいせん)合宿のことらしい。1年生でアンカーの大役を担った寺本京介が教えてくれた。「大山合宿を終えて一気にタイムが上がることを、そう言う。練習の成果を発揮できるようにと書いた」

スポーツの最新