スポーツ

  • 印刷
プレースキッカーを務め、着実に得点を重ねる関学のCTB斉藤綜馬(撮影・中西幸大)
プレースキッカーを務め、着実に得点を重ねる関学のCTB斉藤綜馬(撮影・中西幸大)

 兵庫県高校総体を兼ねたラグビーの第99回全国高校大会県予選(神戸新聞社後援)最終日は23日午後1時から、神戸市須磨区のユニバー記念競技場で決勝が行われる。4年連続46度目の優勝を狙う報徳と4年ぶり9度目の頂点を目指す関学が、花園を懸けた大一番で3年ぶりにぶつかる。

 報徳は高校日本代表FB山田主将を軸に、持ち前の展開ラグビーで32年連続の決勝進出。準決勝は控え選手を多用しながらも完封し、層の厚さを見せつけた。2年連続全国8強の実力は健在だ。

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月30日)

  • 18℃
  • 13℃
  • 10%

  • 15℃
  • 10℃
  • 60%

  • 18℃
  • 12℃
  • 10%

  • 17℃
  • 11℃
  • 30%

お知らせ