スポーツ

  • 印刷
女子63キロ級3位決定戦 延長戦で鍋倉那美(右)が相手の腕を取り、そのまま関節技に持ち込んで一本勝ちする(撮影・中西幸大)
女子63キロ級3位決定戦 延長戦で鍋倉那美(右)が相手の腕を取り、そのまま関節技に持ち込んで一本勝ちする(撮影・中西幸大)

 柔道のグランドスラム大阪大会第2日は23日、丸善インテックアリーナ大阪で男女計4階級が行われ、女子63キロ級はリオ五輪代表で世界選手権2年連続2位の田代未来(コマツ)が準決勝で土井雅子(JR東日本)に敗れ、鍋倉那美(三井住友海上、姫路市出身)とともに3位。決勝は土井が幸田奈々(帝京科学大)に一本勝ちし、2連覇を果たした。

 すべてのメダルを日本勢が占めた女子63キロ級で、鍋倉は銅メダルに終わった。「望んだ結果じゃなくて悔しいし、情けない」と唇を結んだ。

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月28日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 60%

  • 14℃
  • ---℃
  • 60%

  • 14℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ