スポーツ

  • 印刷
 女子78キロ超級決勝 延長でキューバのイダリス・オルティス(下)から技ありを奪い優勝した素根輝=丸善インテックアリーナ大阪
拡大
 女子78キロ超級決勝 延長でキューバのイダリス・オルティス(下)から技ありを奪い優勝した素根輝=丸善インテックアリーナ大阪

 柔道のグランドスラム大阪大会最終日は24日、丸善インテックアリーナ大阪で男女計5階級が行われ、女子78キロ超級で世界選手権優勝の素根輝(環太平洋大)は決勝で2012年ロンドン五輪覇者のイダリス・オルティス(キューバ)に延長の末、大内刈りで技ありを奪って初優勝した。19歳の素根は、試合後に開かれた全日本柔道連盟の強化委員会で出席者の3分の2以上の賛同を得て、20年東京五輪代表に内定した。柔道では第1号。

 男子100キロ級は16年リオデジャネイロ五輪3位の羽賀龍之介(旭化成)が決勝でリオ五輪2位のエルマル・ガシモフ(アゼルバイジャン)に優勢勝ちし、4年ぶり2度目の優勝。世界選手権3位のウルフ・アロン(了徳寺大職)と飯田健太郎(国士舘大)は3位だった。

 男子90キロ級は、敗者復活戦で村尾三四郎(東海大、姫路市立灘中出身)を破った世界選手権2位の向翔一郎(ALSOK)が銅メダル。長沢憲大(パーク24)は向との3位決定戦を負傷で棄権した。リオ五輪金メダルのベイカー茉秋(日本中央競馬会)は3回戦で敗退。同100キロ超級は太田彪雅(東海大)が決勝でロシア選手に屈して2位、影浦心(日本中央競馬会)は3位だった。

 女子78キロ級はリオ五輪代表の梅木真美(ALSOK)が世界選手権2位の浜田尚里(自衛隊)に一本勝ちで初優勝。同78キロ超級の3位決定戦では朝比奈沙羅(パーク24)が冨田若春(コマツ)を下した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月8日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 25℃
  • 30%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ