スポーツ

  • 印刷
男子90キロ級準々決勝 一本負けを喫した村尾三四郎(右下)=撮影・鈴木雅之
男子90キロ級準々決勝 一本負けを喫した村尾三四郎(右下)=撮影・鈴木雅之

 柔道のグランドスラム大阪大会最終日は24日、丸善インテックアリーナ大阪で男女計5階級が行われ、男子90キロ級は、敗者復活戦で村尾三四郎(東海大、姫路市立灘中出身)を破った世界選手権2位の向翔一郎(ALSOK)が銅メダル。

 男子90キロ級の敗者復活戦で屈した村尾はインタビュー途中、たまらず目を閉じた。五輪出場は「昔からの夢だったので…」と涙が出た。相手は、五輪代表選考レースで先頭を走る向。最も敗れてはならない選手だった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月27日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

  • 24℃
  • ---℃
  • 50%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ