スポーツ

  • 印刷
男子3位で須磨学園に届かず、都大路出場を逃した報徳のアンカー田中優樹(撮影・後藤亮平)
男子3位で須磨学園に届かず、都大路出場を逃した報徳のアンカー田中優樹(撮影・後藤亮平)

 男子第70回近畿高校駅伝は24日、兵庫県南あわじ市のおのころ島神社前をスタート、同市立三原中をフィニッシュする男子7区間42・195キロに各府県大会上位6校(開催地の兵庫は10校)が出場して行われ、洛南(京都)が2時間4分55秒で2年連続3度目の優勝を果たし、兵庫3位の須磨学園が2時間6分38秒で2位に入った。

 選手の心境をまとめると「負けて悔しいけど、後悔はない」。都大路行きを狙った男子の報徳は近畿地区代表に決まった須磨学園に届かなかったが、4人が区間3位以内に入った。「近畿大会に向けて特別なことはしていない。県大会の前からやっていたので」。田中主将は胸を張った。

スポーツの最新
もっと見る

天気(2月23日)

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 5℃
  • 40%

  • 13℃
  • 7℃
  • 10%

  • 11℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ