スポーツ

  • 印刷
笑顔で握手する、東京五輪の日本選手団団長に就任が決まった福井烈氏(左)と総監督を務める尾県貢氏=26日午後、東京都内
拡大
笑顔で握手する、東京五輪の日本選手団団長に就任が決まった福井烈氏(左)と総監督を務める尾県貢氏=26日午後、東京都内

 日本オリンピック委員会(JOC)は26日、2020年東京五輪の日本選手団団長に専務理事の福井烈氏(62)、総監督に選手強化本部長の尾県貢(おがた・みつぎ)氏(60)=小野高出身=の就任を発表した。東京都内で行われた記者会見で、福井氏は「身に余る光栄と同時に責任の重さに心が震えている。最高の準備をしていきたい」と抱負を述べた。

 元プロテニス選手で日本テニス協会専務理事でもある福井氏は、JOCで長く選手強化を担当してきたが、主要国際大会で団長を務めるのは初めて。大役を担うに当たり、チームワークを重んじる意向を示し「全ての日本選手団がいきいきと自分の夢に挑戦できる環境を整えていきたい。それができれば、結果はついてくる」と語った。

 JOCは史上最多の金メダル30個を目標に掲げる。日本陸上競技連盟専務理事の尾県氏は、五輪前年の各競技の世界選手権で金メダル合計が17個だったことに触れ「(目標の30個は)厳しい数字」との認識を示しつつも「自国開催の利を生かし、不利を取り除くことで達成可能な数字だとも思う」と述べ、改めて目標を堅持する姿勢を示した。

 JOCの山下泰裕会長(62)は「強化の現場を一番知った団長と総監督。心を一つにして戦っていく雰囲気ができればいい」と期待を込めた。

■「地元の利生かしたい」 尾県氏大役担う決意(小野高出身)

 総監督に就任した尾県貢選手強化本部長は、大役を担う決意を語った。(まとめ・今福寛子)

 -抱負を。

 「強い責任をひしひしと感じている。メダルの数はもちろんのこと、子どもたちが思わず背中を追いたくなるような活躍をしてもらうことが目標。地元の利を生かし、地元の不利を取り除くことがテーマ。競技団体と追求していく」

 -地元の不利とは

 「地元だからこそ大きな期待がかかる。そのプレッシャーをいかにはねのけて応援を力に変えるか。もう一点は、選手が本番に向かうまでの時間の使い方。一番大切な時期に自分のペースでトレーニングを積んでいけるようにすることが課題」

 -改めてメダルの目標を。

 「以前からの目標である金メダル30個は守りたい。各競技の直近の世界選手権で金は17個、銀は27個。もう少しで金に届いた銀をいかに金に変えるか。競技団体にはミーティングで、希望ではなく達成できる目標を出してもらい、JOCとして何ができるかを考えていく」

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 10℃
  • 8℃
  • 80%

  • 9℃
  • 5℃
  • 80%

  • 9℃
  • 7℃
  • 80%

  • 9℃
  • 7℃
  • 80%

お知らせ