スポーツ

  • 印刷
桑田真澄さん
拡大
桑田真澄さん

 兵庫県など関西を中心に開かれる生涯スポーツの国際大会「ワールドマスターズゲームズ(WMG)2021関西」の硬式野球競技リハーサル大会が30日、同県三木市の三木総合防災公園野球場で開かれる。元プロ野球選手らが「日本マスターズ選抜」を結成し、アジア各国の元代表選手らの「海外マスターズ選抜」と親善試合を実施。元巨人の桑田真澄さんが日本選抜の監督兼選手で出場するなど、往年の名選手がダイヤモンドを駆ける。

 WMGの硬式野球競技は2021年5月15~28日、同野球場やほっともっとフィールド神戸(神戸市須磨区)などで開催予定。全国大会や国際大会を経験した「プレミア」と、地域大会レベルに当たる「オープン」に分けて、いずれも「30歳以上の部」「45歳以上の部」を設ける。

 リハーサル大会は、全国高校野球OBクラブ連合や、兵庫県野球連盟などが主催。日本選抜には、巨人や横浜で主軸を務めた駒田徳広さんのほか、米大リーグ・ヤンキースなどに在籍した前田勝宏さん(神戸弘陵高出)や元日本ハムの尾崎匡哉さん(報徳高出)ら兵庫ゆかりの人も参加する。

 海外選抜の代表兼監督は、ロッテなどで活躍し、ニュージーランドで17年に行われた前回WMGに出場した清水直行さん(報徳高出)。スリランカ、フィリピン、インドネシアなどの元代表選手が名を連ねる。

 試合は午後1時から。9イニング制で、2時間を超えれば、次のイニングには入らない。観覧無料。運営事務局TEL078・803・7885

(佐藤健介)

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 70%

  • 10℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ