スポーツ

  • 印刷
女子決勝・望海-大久保 前半、相手DFとの1対1からシュートを狙う望海の黒木主将=神戸市垂水区、神戸国際大付高
拡大
女子決勝・望海-大久保 前半、相手DFとの1対1からシュートを狙う望海の黒木主将=神戸市垂水区、神戸国際大付高

 ハンドボールの兵庫県中学新人大会最終日は8日、神戸市垂水区の神戸国際大付高で男女の準決勝と決勝があった。男子決勝は松陽が39-16で浜の宮に大勝し、初制覇。女子決勝は望海が大久保を27-11で下し、5年連続7度目の優勝を飾った。

 男子の松陽は来年1月、春の全国中学生選手権(3月25日開幕、富山県氷見市)の出場を懸けた兵庫県代表決定戦でクラブチームと対戦。女子はクラブチームが不参加のため、望海の同選手権出場が決まった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 29℃
  • 21℃
  • 20%

  • 26℃
  • 16℃
  • 10%

  • 27℃
  • 20℃
  • 30%

  • 29℃
  • 19℃
  • 30%

お知らせ