スポーツ

  • 印刷
神戸製鋼-キヤノン 前半、相手にタックルされながらもトライを決める神戸製鋼のバックマン(中央下)。左はカーター、右端はキヤノンの田中(撮影・辰巳直之)
神戸製鋼-キヤノン 前半、相手にタックルされながらもトライを決める神戸製鋼のバックマン(中央下)。左はカーター、右端はキヤノンの田中(撮影・辰巳直之)

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会後初となる国内最高峰リーグのトップリーグ(TL)が12日、各地で開幕し、2連覇を狙う神戸製鋼は、神戸市須磨区のユニバー記念競技場で日本代表SH田中史朗(35)とSO田村優(31)を擁するキヤノンと対戦し、50-16で大勝した。

 W杯の熱を持ち込んだような大観衆が見守る中、赤いジャージーが次々と守備網を切り裂いた。神戸製鋼が王者の貫禄を見せつけて7トライを重ね、開幕戦を飾った。

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月1日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ