スポーツ

  • 印刷
女子ダブルス準決勝 逆転負けを喫して決勝進出を逃した木原(右)、長崎組(撮影・斎藤雅志)
女子ダブルス準決勝 逆転負けを喫して決勝進出を逃した木原(右)、長崎組(撮影・斎藤雅志)

 卓球の全日本選手権第6日は18日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、女子ダブルスで昨年のワールドツアー・グランドファイナル優勝の長崎美柚(エリートアカデミー)木原美悠(エリートアカデミー、兵庫県明石市出身)組は準決勝で芝田沙季(ミキハウス)大藤沙月(ミキハウスJSC)組に2-3で逆転負けした。シングルスは準々決勝が行われ、女子で前回準優勝の木原は橋本帆乃香(ミキハウス)に0-4で敗れた。

 卓球の世界女王ペアが4強で散った。長崎とのコンビで女子ダブルスの頂点を狙った木原(明石市出身)は、前回の準優勝ペアに2-0から逆転負け。「競った場面で自分たちの実力をはっきりと出せなかった」。4年後のパリ五輪を目指す15歳は敗戦をかみしめた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(2月17日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 9℃
  • ---℃
  • 50%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ