スポーツ

  • 印刷
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT

 56年ぶりの東京五輪開幕を半年後に控え、選手の言葉に一層の覚悟と決意がにじんだ。各競技の日本代表争いはヤマ場を迎える。兵庫ゆかりの選手は、飛び込み男子の寺内健(ミキハウス、宝塚市出身)ら6人が出場を確実にしている。

 東京五輪代表を目指す、その他の兵庫勢では、2月16日に神戸市の六甲アイランドで行われる陸上20キロ競歩の日本選手権に、2012年ロンドン五輪代表の渕瀬真寿美(建装工業、姫路市出身)が挑む。陸上のトラック・フィールド種目は6月の日本選手権が最も重要な選考会で、既に女子5000メートルで五輪参加標準記録を突破している田中希実(豊田自動織機TC、小野市出身)らが内定に照準を合わせる。

スポーツの最新
もっと見る

天気(2月24日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ