スポーツ

  • 印刷
男子60キロ級決勝 攻める村野工の井上樹弥(上)
拡大
男子60キロ級決勝 攻める村野工の井上樹弥(上)
女子48キロ級決勝 兵庫勢対決を制した夙川の出口華(右)
拡大
女子48キロ級決勝 兵庫勢対決を制した夙川の出口華(右)

 柔道の近畿高校新人大会は25日、神戸市須磨区のグリーンアリーナ神戸で開幕して男女各7階級の個人戦が行われ、男子は60キロ級の井上樹弥(村野工)や100キロ級の山本颯太郎(育英)ら、4階級で兵庫勢が頂点に立った。

 女子は78キロ超級の1年新井万央ら、夙川勢が3階級で優勝。57キロ級は溝下琴祈(神戸科技)が決勝で同門対決を制し、52キロ級では武庫川大付1年の山下葵生が栄冠に輝いた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月10日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 30℃
  • 23℃
  • 70%

  • 27℃
  • 22℃
  • 70%

お知らせ