スポーツ

  • 印刷
男子20キロ 初優勝を飾り、東京五輪代表権を手にした池田向希(撮影・中西幸大)
拡大
男子20キロ 初優勝を飾り、東京五輪代表権を手にした池田向希(撮影・中西幸大)
女子20キロ 優勝して東京五輪代表入りを決めた藤井菜々子(撮影・中西幸大)
拡大
女子20キロ 優勝して東京五輪代表入りを決めた藤井菜々子(撮影・中西幸大)

 東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の全日本競歩能美大会は15日、石川県能美市の日本陸連公認コースで行われ、20キロの男子は21歳の池田向希(東洋大)が1時間18分22秒で初優勝して日本陸連が定めた条件を満たし、初の五輪代表に決まった。

 昨秋の世界選手権6位の池田は、17キロ手前から高橋英輝(富士通)と一騎打ちになり、終盤に突き放した。20キロでは世界選手権を制した山西利和(愛知製鋼)に続く代表入りで、7秒差の2位に入った27歳の高橋も2大会連続の五輪出場を確実にした。3位は50キロで五輪代表の鈴木雄介(富士通)。村山裕太郎(順大、兵庫・川西緑台高出)が1時間20分49秒の兵庫新記録で6位に入った。

 女子は20歳で世界選手権7位の藤井菜々子(エディオン)が1時間33分20秒で初制覇し、初の五輪代表入りを決めた。岡田久美子(ビックカメラ)に続く2人目の決定。ロンドン五輪代表の渕瀬真寿美(建装工業、兵庫・須磨学園高出身)は1時間33分41秒で2位だった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 90%

  • 20℃
  • 15℃
  • 90%

  • 22℃
  • 17℃
  • 90%

  • 21℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ