スポーツ

  • 印刷

【大相撲春場所・千秋楽】(22日、エディオナリーナ大阪)

 一人大関の貴景勝は完敗で負け越しが決まった。差された左を切ったものの、そのまま押し込まれて膝から崩れた。「まわしを引かれちゃったんで。それが全てかな」。荒い息で力なく話した。

 昨年は千秋楽に10勝目を挙げて大関の座をつかんだ地元場所だが、左膝に不安を抱える今場所は平幕に5敗するなど不振。横綱白鵬戦が組まれない屈辱を味わい、最後も大関とりの懸かる朝乃山に意地を見せられなかった。

 皆勤で負け越したのは、小結時代の2018年初場所以来だ。かど番となる来場所へ「一生懸命、力を付けたい」と雪辱を誓った。(山本哲志)

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月4日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ