スポーツ

  • 印刷
神戸大ラグビー部の三輪侑史主将(右下)に、活動休止中の過ごし方を伝える鳥内秀晃氏(左上)=MGスポーツの公式ユーチューブチャンネルより
拡大
神戸大ラグビー部の三輪侑史主将(右下)に、活動休止中の過ごし方を伝える鳥内秀晃氏(左上)=MGスポーツの公式ユーチューブチャンネルより

 関学大アメリカンフットボール部前監督の鳥内秀晃氏(61)が9日夜、オンラインの討論番組に参加し、新型コロナウイルスの影響でスポーツ活動が制限され、新チームの土台づくりに悩む学生たちに、自宅での過ごし方を伝えた。(尾藤央一)

 番組はスポーツビジネス会社「MGスポーツ」が企画し、生配信された。テレビ会議アプリを使い、鳥内氏はラグビーのプロコーチを務める二ノ丸友幸氏(40)のほか、神戸大ラグビー部の三輪侑史主将ら学生4人と意見を交わした。

 神戸大は6月28日まで学校のグラウンドが使えないという。部員とはオンラインでミーティングをしているが、三輪主将は「対面していないので相手の感情を読み取れない」と難しさを口にし、「モチベーションを維持するにはどうしたらいいか」と質問した。

 甲子園ボウルで12度優勝に導いた鳥内氏は「イメージの共有」を提案。授業がない分、普段より過去の試合映像を分析できる時間があることに触れ、「選手同士で『このプレーどう思う?』とか話し合ったらええねん。プレーの中身、精神状態はリモートでも考えられる。試合に出る時に役に立つようにもっていける」と助言した。

 また、「脳みその肉離れはない。無理な計画は立てず、決めたことを絶対やり切って」とエールを送った。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月2日)

  • 27℃
  • 18℃
  • 0%

  • 28℃
  • 14℃
  • 0%

  • 29℃
  • 16℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ