スポーツ

  • 印刷
動画一覧へ
神戸製鋼での最後の試合となった東芝戦でもキッカーとして活躍したダン・カーター=2月23日、ユニバー記念競技場
拡大
神戸製鋼での最後の試合となった東芝戦でもキッカーとして活躍したダン・カーター=2月23日、ユニバー記念競技場
日本選手権とトップリーグ優勝に貢献し、カップを手に笑顔を見せるダン・カーター=2018年12月、秩父宮ラグビー場
拡大
日本選手権とトップリーグ優勝に貢献し、カップを手に笑顔を見せるダン・カーター=2018年12月、秩父宮ラグビー場
正確な技術と広い視野で神戸製鋼をけん引したダン・カーター=2月23日、ユニバー記念競技場
拡大
正確な技術と広い視野で神戸製鋼をけん引したダン・カーター=2月23日、ユニバー記念競技場

 「世界一の司令塔」が神戸を去った。ラグビー・トップリーグ(TL)神戸製鋼からの退団が決まった「DC」こと元ニュージーランド代表SOダン・カーター(38)。サッカー界ならリオネル・メッシ、バスケットボール界ならコービー・ブライアントらと並び称される世界的名手は、名門復活に欠かせない存在だった。

 数字が全てを物語っている。36歳で加入した昨季、出場したTL7試合は6勝1分け。唯一引き分けたリーグ第4節のトヨタ自動車は4PGを決めて窮地を救い、サントリーとの日本選手権決勝は正確無比なタクトで55-5の圧勝劇に導いた。

 新型コロナウイルスの感染拡大でシーズンが打ち切られた今季も、リーグ中断までに6試合中5試合に出場して全勝。得点ランキングトップの68得点をたたき出していた。カップ戦を含め、在籍した2シーズンで自身が出場した公式戦は一度も負けていない。

 DCの価値はプレーだけではなかった。SH日和佐篤は「ただのラグビー好きのオッサンですよ」と親しみを込めて話していたが、全体練習後も若手に声を掛けて練習に付き合わせ、アドバイスを惜しまなかった。最後は通訳をキャッチ役にキック練習をひたすら繰り返す。どんなに寒い時期でも、メディア対応は常に紳士で温かだった。

 「チームのためなら、ウオーターボーイ(給水係)だってする」。そんな謙虚なスーパースターに率いられ、神鋼は18季ぶりの日本一奪還を果たした。コロナ禍で2連覇は幻となってしまったが、カーターは「とても良いチームへと進化しており、この先も明るい未来が待っている」と期待する。残る選手たちがレガシー(遺産)を受け継ぎ、新たな黄金時代を築いていく。(山本哲志)

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月25日)

  • 17℃
  • 10℃
  • 0%

  • 18℃
  • 5℃
  • 20%

  • 17℃
  • 9℃
  • 10%

  • 19℃
  • 6℃
  • 0%

お知らせ