スポーツ

  • 印刷
引退を発表した久光製薬の新鍋理沙
拡大
引退を発表した久光製薬の新鍋理沙

 バレーボールVリーグ1部(V1)女子の久光製薬は20日、2012年ロンドン五輪銅メダリストで日本代表アウトサイドヒッターの新鍋理沙(29)が現役を引退すると発表した。新鍋はチームの公式ホームページで「小学1年生から始めたバレーボールは、私にとって生活の全てでした。現役を引退することに、まだ実感が湧きません」とコメントした。モチベーションの維持が難しくなったとみられ、後日、記者会見する。

 新鍋は宮崎・延岡学園高から09年に久光製薬に入団。身長175センチとアタッカーとしては小柄ながら、高い守備力と相手ブロックを利用した冷静な攻撃を武器に活躍し、11年に初めて日本代表入りした。12年ロンドン五輪では28年ぶりのメダル獲得に貢献した。

 Vリーグ(プレミアリーグを含む)では13~14年シーズンに最優秀選手(MVP)に輝いた。直近の19~20年には6度目のサーブレシーブ賞を獲得するなど、東京五輪を目指す今季の日本代表にも選ばれていた。

 久光製薬は同日、ミドルブロッカー帯川きよら(27)の引退も発表した。退団はいずれも30日付。(金山成美)

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月5日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ