スポーツ

  • 印刷
Bリーグ1部を制し、トロフィーを掲げるA東京の正中岳城(中央)=2018年5月、横浜アリーナ
Bリーグ1部を制し、トロフィーを掲げるA東京の正中岳城(中央)=2018年5月、横浜アリーナ

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の強豪、A東京で主将を10季務め、現役を退いた元日本代表の正中岳城(加古川市出身)が神戸新聞のオンライン取材に応じた。前身のトヨタ自動車に入団以来、チーム一筋。背番号7はクラブ初の永久欠番に決まった。35歳のシューティングガードは「秀でたものがないからこそバランスの取れた選手になりたかった。『ない』ということに向き合い、重ねた努力が武器になった」と穏やかに笑った。紙面に載せられなかったやりとりも含め、紹介したい。(聞き手・藤村有希子)

 -今の心境は。

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月12日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 25℃
  • 40%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ